うどんの話 1

 

 

滋賀県からバイクを走らせ、「うどん県」でうどんを食べ歩くこと、のべ250軒、回数にして1000回超。

 

まだ、うどんツアーが世間では理解されないころ、次々と怪しくておいしい小さなうどんやを訪れては、こんな面白い観光地は他にないとばかりに楽しんでいたが、いつしか観光ではなく、修行先探しに変わる。 

 

修行先に選んだのは、一番厳しいだろうと思われるお店で、案の定入って1週間でクビの覚悟をするも、暖かなまなざしに助けられなんとか技術を習得。その後、店長になるまで約8年お世話になる。 

 

やがてブームはピークを迎えて、店は最長3時間待ちにまで、膨れ上がった。忙しくとも、質は落とさない、気配りをおろそかにしない、かつスピードは維持する。そのせいか、家族からは「早口になって何言っとるか聞き取れん」と言われるも、食べ歩きのころに夢見た、自分でうまいと思えるうどんが作れるようになった。もう瀬戸大橋を超えなくてもいいのだ! 

 

車中泊でうどんを食べ歩いた日々から、クルーズ船「飛鳥Ⅱ」に乗って北極圏でうどんを作った日々までを振り返ります。

続く

 

 

 

1999~ うどん食べ歩き時代

       仕事を辞めてまで、うどん88箇所巡礼を達成した

       探究心が評価されて特別賞を頂いた(笑)。

  

2002~ うどん修行時代

       釜(茹で)ができそうもない私は、なんと打台を

       先輩より先にさせてもらえることに(恐縮)。

        

2008~ うどん店長時代  

 

 

茹でたてを出します。

 

食べ歩きでいろいろなお店を巡ってきました。

おいしいうどんにありつくために、注意することがいろいろとありました。

 

とりわけ、麺に関しては、

「今日は、ゆでたてかな?この時間帯なら、作り置きかもな・・・」

といった不安(大げさですが)がありました。

 

そのような不安を一掃したい!

当店では、常にゆでたてを提供します。

多少待ってでもおいしいのが食べたいという私の経験に基づいています。

 

 

理想のうどんについて思うとき、

目標としている麺が、修行時代の記憶の中にあります。

うどんの修行編」参照)

 

こうした麺が常に作れるように、全工程(生地作り・うどん打ち・茹で時間・締める水の温度・つけだしの温度)で努力しております。